★4つ。

読了2冊目にして、京極夏彦作品の中では
“異色”と呼ばれるものに手を出してしまいました。
近未来の設定は、ネットや月刊アニメージュなどで
読者から公募したもの。
現実味が無いような、でももしかしたらホントにこうなるかも…
というような、奇妙にリアルな世界。

同じ年代の子供とほとんど接しないで暮らす状況に、
こんな世界ちょっとイヤ…と感じたのは
登場人物が言う「20世紀生まれ」だからかも。
細かい描写と相まって
前半部分はあまり気持ちが入っていかなかった…
けど、後半はテンポアップして事件がどんどん予想外の方向に。
いつの間にやら、真相が知りたくてたまらなくなってしまってました。

登場人物にも愛着が湧く。
個性はあれど、孤独で冷淡であることは
共通していた21世紀の少女達。
子供の心など分かる筈が無い、と言い切るカウンセラー。
20世紀生まれで時代についていけてない刑事
(この人にだけは最初から親しみが)。
彼女達がリアルな生を感じ、闘いを通じて逞しくなり、
感情を見せていく姿は胸を打ちます。
世代の差で理解しづらいところがあっても、
人間であることに変わりはない、と思えて応援したくなる。

京極夏彦作品をほかに1冊しか読んでいないせいか、
違和感を感じることはありませんでした。
前半の長い説明、それを超えると一気にのめり込むこと、
登場人物に愛着が湧くこと。
舞台が“少し昔”でも“少し未来”でも、
匂いのようなものが共通しているという感じ。

タイトルのルー・ガルーとは、
中世ヨーロッパにおける狼憑きの意。
妖怪が登場する訳じゃないけど
どことなく妖怪がモチーフになっている、
そこも京極夏彦作品らしいところではないかと。

ルー・ガルーとは何者なのか?
それが気になってたまらなくなる小説。
好き嫌いはやっぱり分かれると思うけど、
長さに尻込みせずチャレンジする価値あり。
 
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い 




2030年代の都市。
データ管理が進み、人はみな端末を持ち歩き、
全ての行動は把握されている。
世界はモニタの中だけに存在していた。
そんな均一化された世界で
14~15歳の少女だけを狙った
連続殺人事件が発生。
リアルな死によって現実に目覚めた、
少女達の闘いが始まった。

参考:「BOOK」データベース
『ルー=ガルー 忌避すべき狼』
関連記事
≪しゃばけ  | ルー=ガルー 忌避すべき狼 | 走ることについて語るときに僕の語ること≫
コメント
ルー=ガルー 忌避すべき狼

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
ルー=ガルー 忌避すべき狼

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL