★4つ。

時代物はそんなに読みませんが、妖怪ものはけっこう好き。
人とはちがった論理で存在する“妖怪”に何か興味があるのですな。

この話に出てくる妖怪たちは人情味あふれてなんだかかわいい。
ずっと若旦那に付き従う2人(2匹?)の大妖怪は
心配するあまり超過保護。
小さくていっぱいいて若旦那に褒めて欲しくてたまらない家鳴、
ひねくれた態度を取るけど
本当は若旦那が大好きな屏風のぞき、など
出てくる妖怪たちは個性豊かで色とりどり。
しかし、人間くさくてかわいい…と思っていたら
「若旦那以外の人間はどうでもいい」という冷淡な行動や
ほかの人がいても(若旦那以外に妖怪は見えないのです)
平気で騒ぐところ、やっぱり人間とは違う、と時々気付かされ
そのギャップがひやっと来たり滑稽だったり。

妖怪に囲まれた若旦那のほのぼのとした“日常”と
謎が複雑に絡んだ“事件”と、
トーンが違う2つの軸が絡み合っているところが話の魅力。

妖怪たちの特徴が頭の中に絵として浮かぶ文章と
テンポのよいストーリー。
事件の謎がすっきり分かって楽しんで読めました。

“妖怪”と聞くと思い浮かぶ暗い印象が希薄なのは
若旦那を思う気持ちが全体に流れているからだと思う。
妖怪ものは暗さに惹かれて読むことが多いので
シリーズの続きを読むかどうかはまだ分からない、けど
こんな妖怪たちもいいな、と楽しみました。

妖怪・人情・推理、様々な要素を楽しみたい方、おススメ。
 
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



江戸有数の薬種問屋の一人息子、
一太郎は体が弱くすぐ寝込んでしまう。
そんな若旦那の周囲はなぜか妖怪だらけなのです。
心配するあまり口うるさい妖怪たちの
目を盗んで出かけた夜、
若旦那は人殺しを目撃してしまう。
それ以来続く猟奇的殺人事件に
若旦那と妖怪たちは関わっていく。
日本ファンタジーノベル大賞優秀賞。

参考:「BOOK」データベース『しゃばけ』
関連記事
コメント
しゃばけ

本の感想・レビュー記事へのコメント
No title
こんにちは♪
私のところに来ていただいてありがとうございます。
「しゃばけ」は人気シリーズですね。
私も今年になって初めて読みました。
妖怪たちが可愛くて・・・若旦那の過保護っぷりも微笑ましいです。
まだ全部は読めていないので、これから楽しみにシリーズを追いかけていきたいと思っています。
2008/05/18(Sun) 08:03 | URL  | EKKO #d13JL4Hw[ 編集]
>EKKOさん
こんにちは、ご訪問ありがとうございますっ。
畠中恵さん、私も今年になってから読んでみました。
妖怪たちが妙に愛嬌があって、
こんな妖怪ならいてもいいな、と思います♪
しゃばけシリーズ以外も面白かったです。
よろしければまたお越し下さいませ♪
2008/05/18(Sun) 15:32 | URL  | Run #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック