★4つ。

人情味のある暖かさと、
深刻な様相を見せる事件。
2つが軸になっているところは「しゃばけ」と共通しているけれど
こちらのほうが若干、暗いほうに傾いている印象。
妖怪が出てこなくて事件に絡んでくるのがすべて“人間”だからかな。

弓月が夢告の度に血を吐いたり、描写も少し生々しい。
でも、のんびり屋の兄としっかり者の弟の互いを思う気持ちは
やはり畠中さんらしい暖かみが感じられます。

ラスト付近で話は大きく展開。
事件を解決するだけではなく
幕末という社会が激しく変わっていく時代に人はどうあるべきか、
といったところにまで話が及んでいきます。
そこまで話が大きくなるとは思っていなかったので少々驚きましたが、
諦めて投げやりになるのではなく変えられないものを受け入れ、
その中で生きる希望や喜びを見出そうとする人々の姿は好ましい。

ほのぼのした「しゃばけ」シリーズもよいけど、
このくらい暗いの、けっこう好み。
 
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




江戸にある小さな神社の神官兄弟、弓月と信行。
弓月には夢で真実を見る「夢告」の能力があるが、
見たいものを見ることができず
いまいち役に立たない。
しかしその能力を頼り、とある依頼が舞い込んだ。
やむにやまれず引き受けたのだが、
事件は思わぬ展開に…。
依頼は解決できるのか、
そして、果たして兄弟は無事に帰れるのか。

参考:「BOOK」データベース 『ゆめつげ』
関連記事
コメント
ゆめつげ

本の感想・レビュー記事へのコメント
No title
トラックバックありがとうございます。
とてもうれしかったです。

また合う記事がありましたら、お気軽にどうぞ。
2008/09/13(Sat) 02:14 | URL  | 藍色 #-[ 編集]
>藍色さん
コメント&TB、ありがとうございます♪
TB承認遅くなってしまいすみません…っ。

ゆめつげ、面白かったですよね。
またどうぞお越し下さいませ。
2008/09/13(Sat) 23:46 | URL  | Run #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
ゆめつげ

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL
ゆめつげ (角川文庫 は 37-1)(2008/04/25)畠中 恵商品詳細を見る カバーイラストは三木謙次。カバーデザインは鈴木久美。単行本の文庫化です。 江戸...
2008/08/29(Fri) 03:04:48 |  粋な提案