★5つ。

初めて読んだ村上春樹の本。
「羊三部作」の最終です。

主人公、鼠、素敵な耳のガールフレンド、羊男…
登場人物がみんな魅力的で、悲しい。
透き通るような寂しさで溢れてます。

こっちにもっと色々書きました。よろしければご覧下さいませ。
「村上春樹について語ってみた。」(おうちっこ。)

羊をめぐる冒険〈上〉 (講談社文庫)羊をめぐる冒険〈上〉 (講談社文庫)
村上 春樹

羊をめぐる冒険〈下〉 (講談社文庫) 1973年のピンボール (講談社文庫) ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫) ダンス・ダンス・ダンス〈下〉 (講談社文庫) 風の歌を聴け (講談社文庫)

by G-Tools
関連記事
コメント
羊をめぐる冒険

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
羊をめぐる冒険

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL