★4つ。

『鴨川ホルモー』の続編、と言うか、
ホルモーに関わるオムニバス。

『ホルモー六景』のテーマは若者達の“恋”。
でもコテコテの恋愛ものというわけではなく、
ホルモーの謎があちこちに散りばめられていて
前作にハマった人にはたまりません。

恋愛部分は実に爽やか。
片思いや付き合う前の緊張感、
別れた人への複雑な感情、などなどが
清々しく描かれていて気持ちがいい。

『鴨川ホルモー』にちらっと出てくるエピソードが書かれていて
おお、そうだったのか!と驚く話もあれば、
新たな秘密・新たな展開がありそうな話も。

特に続きが気になる話は「同志社大学黄竜陣」。
これってつまり、えー?!続きはー?!

万城目学さん、
編集の方に「このまま終わることは許しませんっ!」と言われているそうな。
インタビューより)

私だって許したくない!
続きが出るまで、勝手に話を色々考えちゃいそうです。



『ホルモー六景』
このごろ都にはやるもの、恋文、凡ちゃん、二人静。
四神見える学舎の、威信を賭けます若人ら、
今日も京にて狂になり、励むは御存知、是れ
「ホルモー」。
このごろ都にはやるもの。元カレ、合コン、古長持。
京都の街に咲き誇る、百花繚乱恋模様。
都大路に鳴り渡る、伝説復古の大号令。
変幻自在の第二幕、
その名も堂々「ホルモー六景」、ここに推参。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
コメント
ホルモー六景

本の感想・レビュー記事へのコメント
No title
いきなりのコメントごめんなさい
ホルモーシリーズ私も好きです
三作目、期待しちゃいますよね~
一作目の映画化も決まってるし
小説の方もどんどん続いちゃってほしいです
関東の大学vs関西の大学のホルモー決戦が読みたいな

Runさんの読書録、いくつか気になる本がありましたので
明日さっそく書店に走りますわ
今後もコメント入れさせていただくかもしれません
(ご迷惑でなければですが・・・)

それでは長々とすみませんでした

2008/09/04(Thu) 23:15 | URL  | バケ #-[ 編集]
>バケさん
コメントありがとうございますっ!
迷惑だなんてとんでもない、とても嬉しいです♪

ホルモーシリーズ、あの世界観が好きです。
1作目、映画化するんですね!
今検索してみたら、凡ちゃんが栗山千明さん。
すんごい美人さんだったんですね~、凡ちゃん。
そうそう、関東との関わりも気になりますよねー。
いったいどんな秘密があるのか知りたいっ。

私の読書録を見て読んでもらえるなんて光栄です!
どうぞまたお越し下さいませ♪
2008/09/05(Fri) 14:41 | URL  | Run #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
ホルモー六景

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL