★4つ。

ほんとにほんとに複雑です。
自作していた相関図、線があちこち交差して
ほとんど真っ黒になってしまった。
だけど最後にはきっちりまとめられ、
そうだったのか!という驚きとスッキリ感が味わえました。

トリックにはかなり無理があるし、
ラストに至る道筋はドタバタしていて現実味は無い。
それでも面白かったのは登場人物に魅力があるから。
特に今回は、いつも以上に京極堂に注目。
これまでちらちらと垣間見えていた過去が語られ、
京極堂の苦しみや榎木津・木場との友情、
そしていつも罵ってばかりいる関口への気持ちが少し見えて
そうか人間らしいじゃないか京極堂!
と情が湧きます。

久々にクローズアップされた関口が
あまりにも気の毒な立場でちょっと心が痛かった。
こんな目にあってこの後大丈夫なんだろうかこの人は。

1冊1冊が長いうえ続きもまだある京極堂シリーズ、
登場人物に感情移入したことがあるなら
とりあえずここまで読んでみるのがいいのではないかと思います。
これでダメなら次は読まない、という感じで。

私自身は次も読む気満々。
人間らしさを感じられた京極堂と友人達、
この後どんなふうに生きるのか、とても気になります。



塗仏の宴―宴の始末(ぬりぼとけのうたげ うたげのしまつ)
昭和二十八年、裸女を殺害して、
木に吊すという事件が発生。
犯人として逮捕されたのは、
当時世間を騒がせた猟奇犯罪に
ことごとく関係者として連なっている作家、
関口巽だった。
「多分僕がやった。
僕が木に吊るして逃げるところを
自分で見ていたのだから」。
「宴」の始末はいよいよ本書にて明らかになる。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
≪図書館革命  | 塗仏の宴―宴の始末(ぬりぼとけのうたげ うたげのしまつ) | 塗仏の宴―宴の支度(ぬりぼとけのうたげ うたげのしたく)≫
コメント
塗仏の宴―宴の始末(ぬりぼとけのうたげ うたげのしまつ)

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
塗仏の宴―宴の始末(ぬりぼとけのうたげ うたげのしまつ)

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL