★3つ。

図書館戦争シリーズ、
本編はこれが最終巻。
前作はあまり好みではなかったのですが、4冊目は楽しめました。

“表現の自由”がしっかりと軸になっていて、
原点回帰している印象。
もう1度初めのワクワク感を味わうことができました。
主人公・郁が作家・当麻を守ろうとするところはちょっと感動。

ただ、“国際テロ”という大惨事の扱われ方が少し安易に感じました。
図書館に直接関わってくるのは
「小説の中の描写はどこまで現実に影響を与えるのか?」
という問題だけだとは言っても、
テロを利用しているかのような印象があったのが少し残念。

“ラブ”の部分はとにかくベタ甘、激甘!
ちょーっと恥ずかしいながらも楽しんでしまいました。
主人公・郁の想い人・堂上は冒頭からいきなり甘~くて、
この人こんな性格だっけ?
と一瞬違和感を覚えたけど
少女マンガを読むように「そーゆーもんだ」という感覚でいると、
それはそれでよいかな、と。

少しご都合主義ではあるけれど、
勢いがよくて楽しめるこのシリーズにふさわしいスッキリした終わり。
相当はちゃめちゃな設定は割り切ってしまえば楽しめる。
甘~いのが好きでもニガテでも、
本好きならばぐっとくる箇所が多々あるシリーズです。



『図書館革命』
年始、原子力発電所を襲った国際テロ。
それが図書隊史上最大の作戦の始まりだった。
テロの手口にそっくりな小説を書いていた
作家・当麻-遂にメディア良化法が
最大の禁忌に手をかける。
「作家の創作活動の禁止」
-図書隊は良化法の横暴を阻止できるのか?!

参考:日販MARC

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
コメント
図書館革命

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
図書館革命

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL