★4つ。

山月記/薮の中/走れメロス/桜の森の満開の下/百物語。
『新釈 走れメロス 他四篇』は日本文学史上に残る傑作を原作として
舞台は現代の京都、登場人物は大学生。
森見登美彦さん流に描かれています。

表題作「走れメロス」、感想を一言で言うと

なんじゃこりゃ。

こんなに笑える話になるなんて!
スピード感は原作のまま、
だけど大真面目にばかばかしいことを実行する登場人物たちに
思わず笑ってしまう面白みは完全に森見登美彦さんの世界。

かと思うと、
うまく行っているように見えて
次第に絶望へと陥っていく「桜の森の満開の下」の悲しさ、
同じ出来事が見る人によって食い違ってしまう「藪の中」の不思議さ、
それぞれがまったく違ったテイストで実に見事。
登場人物がリンクしたりと、5つの話につながりがあるのも興味深い。
それも原作を十分に踏まえたうえなのだから
まったく舌を巻いてしまう。

この本だけでも楽しめるけど、原作を知っていれば面白さ倍増。
読んでないものがあれば青空文庫でどうぞ。
原作があるからこそ広がる森見登美彦さんの世界をより堪能できます。



『新釈 走れメロス 他四篇』
あの名作が、京の都に甦る!?
暴走する恋と友情-
若き文士・森見登美彦の近代文学リミックス集!
異様なテンションで京都の街を突っ走る
表題作をはじめ、
先達への敬意が切なさと笑いをさそう、
5つの傑作短編。

参考:セブンアンドワイ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
コメント
新釈 走れメロス 他四篇

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
新釈 走れメロス 他四篇

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL