★5つ。

小野不由美さんの代表作と言えば「十二国記」。
そちらも世界観に圧倒されますが、
「屍鬼」は本っっっ気で怖い。

小さな村に原因不明の病気が流行り、次々に人が死んでいく。
原因を探る医者と僧侶。
その信じられない原因が明らかになって行く様が
リアルで、緻密で、寒気がします。

ホラー好きな方はぜひ。
でもまぢで怖いっす。

屍鬼〈1〉 (新潮文庫)屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
小野 不由美

屍鬼〈2〉 (新潮文庫) 屍鬼〈3〉 (新潮文庫) 屍鬼〈4〉 (新潮文庫) 屍鬼〈5〉 (新潮文庫) 東亰異聞 (新潮文庫)

by G-Tools
関連記事
コメント
屍鬼 1

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック