★3つ。

優秀な学歴、由緒ある家柄、誰もが見惚れる美貌。
それらを補ってあまりある傍若無人っぷりと不可解な能力で、
京極堂シリーズの中でも殊に強烈なインパクトを放つ
榎木津礼二郎が大暴れする短編集。

人間の悲しい暗さが全面的に描かれている本編とは違い、
むちゃくちゃな榎木津と振り回される「下僕」たちが笑いを誘う。
そしてめちゃくちゃやっているのに悪は滅びて善(つまり榎木津)が栄える、
ちょっとひねくれた勧善懲悪が痛快に感じます。

京極堂が嫌々引っ張り出されている風情を装いながらも
ノリノリのように思えるところも面白い。
意外と京極堂も悪ノリするのねー、って新鮮でした。
「憑き物落とし」をしたらしい箇所もあるけど
はっきり書かれていないので、
何があったんだろうと想像するのも本編とは違った楽しみ方。
実はこの描かれてない箇所に
どろどろとした人間の情念が存在しているのだろうなあ。

この本で初めて登場した語り手、「僕」がヘンな人物。
誰からも本名を呼んでもらえず、
理由が分からないまま榎木津に従ってしまう。
関口のことを「ああはなりたくない」と言っているけど、
榎木津も京極堂も、関口に対しては友情も感じられないことは無い。
自分のほうがよっぽど振り回されているんじゃ?
その悲惨さがよけいに笑いを誘って、
関口が語り手の時とはやっぱり違う印象です。

とにかく榎木津が大活躍?の
『百器徒然袋―雨(ひゃっきつれづれぶくろ あめ)』。
京極堂シリーズ本編とはずいぶん違うけど、
軽くて笑える雰囲気で面白かった。
榎木津礼二郎ファンなら文句なしに楽しめます。



『百器徒然袋―雨(ひゃっきつれづれぶくろ あめ)』
「推理はしないんです。彼は」。
知人・大河内の奇妙な言葉にひかれて
薔薇十字探偵社を訪れた「僕」。
気がつけば依頼人の自分まで
「名探偵」榎木津礼二郎の
「下僕」となっていた…。
京極堂をも巻き込んで展開する
ハチャメチャな妖怪3篇。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
≪三谷幸喜のありふれた生活  | 百器徒然袋―雨(ひゃっきつれづれぶくろ あめ) | 愛してるなんていうわけないだろ≫
コメント
百器徒然袋―雨(ひゃっきつれづれぶくろ あめ)

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
百器徒然袋―雨(ひゃっきつれづれぶくろ あめ)

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL