★4つ。

気づけば今年も大晦日となりました。
ご訪問やコメントを下さった方々、誠にありがとうございました。

さて今年最後の更新は、
久しぶりに読んだ宮部みゆきさんの現代ミステリー。
「誰か」の続編であることを知らずに読んでしまったけど、
独立した話になっているので問題は無し。

「火車」「模倣犯」などの圧倒的な迫力を予想していたら、
意外にもあっさり読めてしまいました。
主人公・杉村三郎が事件に“巻き込まれた”形で、
大変な目には合うけれど
事件とは他人、という印象があるからでしょうか。
少し物足りなさも感じたけど、
宮部みゆきさんはわざとそういう人物を主人公にして
事件を少し離れた視点から見る物語を書きたかったのかなあ、
という気もします。

迫力はちょっと不足だけど、
人の心に潜む“毒”の怖ろしさがじわじわ感じられます。
辛い環境を改善できない自身の無力さ、
“自分だけが辛い”という思いは
心の中に積もり、腐って、身を蝕む毒となってしまう。

毒に冒され、過ちを犯してしまった人は悲しい。
だけど過ちに気づいた人はまだよくて、
自分が毒に蝕まれていることに気づいてすらいない人は
反省もできず、どこへも行けない。
自分の中の毒からは目を背けてしまいがちだけど、
時にしっかり見つめないと
毒が全身に回ってしまいかねない、という
うすら寒いような恐怖。

事件は一応解決し、読後感は爽やかではあるけれど
切なさ、もの悲しさが付きまといます。
「火車」などの迫力のほうが好みだけど
毒の怖さが生々しくて、
「名もなき毒」はさらっと読めるけど
実は怖い話かもしれません。

さて、来年も読書感想を綴って参りたい所存です。
よろしければ来年も何とぞよろしくお願い申し上げます。
どうぞよいお年をお迎え下さいませ。


『名もなき毒』
どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。
それが生きることだ。

財閥企業で社内報を編集する杉村三郎が
ある理由で訪れた私立探偵・
北見のもとで出会ったのは、
連続無差別毒殺事件で
祖父を亡くしたという女子高生だった。

参考: 「BOOK」データベース

 
関連記事
コメント
名もなき毒

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
名もなき毒

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL