★5つ。

『巷説百物語』シリーズ3作目。
時は江戸から明治へと移る。
新時代の若者たちに不思議な話を語るのは、
一白翁(いっぱくおう)と名乗る老人-
若かりし頃、御行(おんぎょう)又市一味と
行動をともにした山岡百介。

年老いた百介、百介の話の中にだけ現われる又市たち。
「妖怪」が消えていく世の中、それを静かに受け入れる百介。
読んでいるほうも、時代が流れる寂寥感を
受け入れなければなりません。
文明開化の騒ぎの中、日本人は大切なものを
置き忘れて進んでしまったのではないか…
という思いが湧いてきます。

百介は又市たちと離れた後、
あまり幸せではなかったように見えてしまいます。
夢を無くし、ただ生きて…。
だから、ラストは百介にとってきっと良かったのだ、と思えて
切ないけれど温かい。
登場しない又市が
どこかでずっと百介を見守っていてくれたように思えるし、
百介もきっとそう思ったのだろう、と。
前作『続巷説百物語』の
身を切られるような悲しいラストとはちがい、
古きよき時代が行ってしまった寂しさを感じる、
味わい深いラストでした。

6つある短編のうち、最後の2作「五位の光」「風の神」は
京極堂シリーズとの関わりが。
京極夏彦さんの小説はいつも凝っているなあ、という感想。
又市の仕掛けによって人に憑いた「妖怪」を
後の時代に京極堂が落とす…
巷説百物語シリーズと京極堂シリーズ、
両方読んでいるとそのつながりが不思議で、面白い。

巷説百物語シリーズ、残るは1作。
今のところ、この『後巷説百物語』が1番好きですが
又市の過去を描いた『前巷説百物語』も楽しみです。



『後巷説百物語(のちのこうせつひゃくものがたり)』
文明開化の音がする明治10年。
古き世に惹かれる笹村与次郎らは
一白翁と名乗る老爺を訪ねる。
若かりし頃、怪異譚を求め諸国を巡った
老人が語る、怪しく、悲しい昔話。
胸によみがえるは、鈴の音と、
忘れえぬあの声…御行奉為―
第130回直木賞受賞作品。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

6つの短編から成る『続巷説百物語』。
前作『巷説百物語』の事件とは
時間的に前後しており、続きというよりも
“ある大仕掛け”へ向かっていく事件だけが語られています。

『巷説百物語』の感想では
犯人の心情にあまり触れていないのが物足りない、
と書きました。
でも『続巷説百物語』では、語り手である山岡百介と
彼の目から見た御行又市一味の心が察せられます。
犯人の心の闇を掘り下げていく京極堂シリーズ、
事件を解決していく側の心に触れる巷説百物語シリーズ、
ちがった味わいがあるのだなと感じました。

短編1つ1つは独立しているものの
巧みな伏線により、すべてが“大仕掛け”へとつながっていく。
その見事な伏線の引き方、さすがは京極夏彦さん。
話が進むに連れ少しずつ引き込まれ、
5番目の短編「死神或いは七人みさき」では
話の中にすっかり飲み込まれてしまいました。
“死神”が本当に怖く、おぞましい。

百介は生を受けた武家にも、育った商家にもなじみ切れず、
かと言って闇の世界で生きることもできず、
昼と夜の世界の両方に憧れる、黄昏時にいる人物。
対極のものに等しく魅かれるその気持ち、
なんだか少し分かる気がします。

だから最後の短編「老人の火」では本当に悲しくなってしまった。
「昼も夜も関係ない」と強く願った百介の思い、
そしてきっと百介を大切に思っているであろう又市たちの思い、
それぞれが切ない。
同じ人間であるのに、
生きる世界がちがうとはこういうことなのか…
と、痛いほどの悲しさが残ります。

事件を収束させる又市たちの
見事な手際を楽しめた『巷説百物語』とちがい、
切なく、重く、そして魅かれる物語でした。

次は百介の老後が描かれている『後巷説百物語』。
百介は結局、念願の物語を書いたのだろうか?



『続巷説百物語(ぞくこうせつひゃくものがたり)』
諸国を巡り怪談話を蒐集する
山岡百介が出会った御行の又市一味。
闇に生きる彼らにしか終わらせることができない、
愚かで哀しい人間の悪業。
打ち首にしても生き返る悪党、
行き合う者は命を落とすという七人みさき-。
奇想と哀切のあやかし絵巻、第2弾。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★3つ。

京極堂シリーズを読み終わり、
京極夏彦さんの別のシリーズを読み始めました。
巷説百物語シリーズ、
やはり“妖怪”がたくさん出てきます。

同じく“妖怪”が登場しても、
巷説百物語シリーズは京極夏彦さんいわく
「京極堂シリーズの裏返し」。
人の心にあるどろどろとしたものに
妖怪の名を付けて祓い落とし、事件を解決する京極堂シリーズ。
対して巷説百物語シリーズは、どうにもならない事件を
妖怪の仕業にしてしまうことで決着を着けるもの。

巷説百物語シリーズの犯人は、
心に巣食う妖怪を祓うことができなかった人々。
妖怪を祓って真相が明るみに出たとしても、
誰も幸せになれないところまでこじれてしまった事件ばかり。
だからこそ、真相は曖昧なままに
残った人々に“妖怪の仕業”と思わせて
事件の傷を癒す御行一味が必要なのかもしれない。

どちらが好みかと言うと、
今のところ京極堂シリーズのほう。
「なぜこんなことをしてしまったのか」という
犯人の心を知りたく思うので、
それにはあまり触れていず、
触れていても短編なこともあって
あまり納得できなく感じてしまう
巷説百物語は少し物足りなく思ってしまった。

それでも、事件を妖怪の仕業にしてしまう
御行一味の手際は実に見事。
キャラの特徴もシリーズを追うごとに
どんどん際立っていくような予感。
続きにやっぱり期待してしまいます。



『巷説百物語(こうせつひゃくものがたり)』
怪異譚を蒐集する山岡百介は、
雨宿りに寄った山小屋で
不思議な者たちと出会う。
御行姿の男、垢抜けた女、初老の商人、
そして、なにやら顔色の悪い僧-。
闇に葬られる事件の決着を
金で請け負う御行一味。
彼らが操るあやかしの姿は、
人間の深き業への裁きか、弔いか-。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

久しぶりの京極堂シリーズ本編。
今回はある意味、“榎木津の事件”。
出番自体は少ないけれど、
“らしくない”姿に榎木津の苦しみを感じて切ない。

『姑獲鳥(うぶめ)の夏』『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』のような
奇妙さや不気味な美しさは、薄れてきている気がします。
“憑き物落とし”も、単に真相を明かしたような印象。
その場にいる全員から憑き物が落ちる、
まるで自分からも憑き物が落とされたように感じられる、
あの強烈なインパクトが感じられなかったのは残念。

それでも、読み終わった感想は「あー、面白かった。」でした。
登場人物への愛着があって、
榎木津や関口の意外な姿や
青木や益田の今まで知らなかった内面が
見られるのがうれしいのです。
複雑な事件がスッとまとまる緻密な構成も好きな理由。

そしてやっぱり、
犯罪を犯してしまう人間の悲しさ、暗さに惹かれてしまう。

自分にとっては自分が世界の中心だけど、
世界にとっては自分は一粒の砂に過ぎない。
一粒の砂に過ぎない自分は、
たった一滴の邪悪な雫に吸い込まれてしまうこともある…。
人間の弱さをつくづく感じ、ほんの些細なきっかけで
償いきれない過ちを犯してしまう怖ろしさにぞっとしました。

『邪魅の雫(じゃみのしずく)』を最初に読んだなら
(登場人物の設定が分からない、という点を除いても)
ファンにはなってないかもしれない、
でもここまで京極堂シリーズを読んだならやっぱり読みたい、
そんな1冊。

『邪魅の雫(じゃみのしずく)』で、今のところ出版されている
京極堂シリーズは読み終わってしまった…。寂しい。
次回作『鵼の碑(ぬえのいしぶみ)』、
いつ出てくれるか楽しみです。



『邪魅の雫(じゃみのしずく)』
「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」
「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」
「死んだのか」「-自首してください」
「死ねばお終いなのだ」
「ひとごろしは報いを受けねばならない」
昭和28年夏。江戸川、大磯、平塚と
次々に現われる毒殺死体。
警察も手を拱く中、あの男が登場する!
「邪なことをすると-死ぬよ」

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

京極堂シリーズの番外編、榎木津礼二郎が主人公の第2弾。
探偵・榎木津、相も変わらず傍若無人で破天荒で、痛快です。

前作『百器徒然袋―雨』からの語り手である「僕」。
ようやく「本島」という名前が判明したけど、
扱いはやっぱりひどいもの。
つい榎木津に関わっては振り回されてしまう本島は
やっぱりちょっとヘンな人で、
悲惨な目に合っていても笑えてしまう。

短編集ですがそれぞれが関連しています。
化け猫がモチーフとして使われていて
榎木津のにゃんこ好きがよく分かる、
猫飼いとしてはそれだけで親近感が湧いてしまう。
(たとえ化けても猫は憎めない猫ばか。)

京極堂シリーズ本編で登場した人物や『今昔続百鬼 雲』の沼上、
知っている人がちょこちょこと登場してくるのがうれしい。
(沼上は『今昔続百鬼 雲』の時よりキャラが立っている!)
そして敵として現われる、やはり見知った癖のある人物。
あの人を敵に回して大丈夫なの?
とちょっとドキドキしてしまったけど、
天下無敵の榎木津礼二郎が負けるわけはないのだ。

罠にかけられた榎木津の下僕たち、
彼らがどうなろうとまったく気にしていないような榎木津や京極堂。
読んでいる途中の感想は、彼らがあまりにも冷たいような。

けれど、最後は暖かい気持ちになれます。
榎木津の知らなかった一面に心が動かされる。
京極堂が最後にぽつりと言う一言、
それを聞いて本島が思ったことがじわりと沁みます。
ようやく本当に榎木津一味になれたみたいで、
よかったね、本島…ってますますひどい目に合うのだろうけど。



『百器徒然袋―風(ひゃっきつれづれぶくろ かぜ)』
調査も捜査も推理もしない。ただ真相あるのみ!

眉目秀麗、腕力最強、
天下無敵の薔薇十字探偵・
榎木津礼二郎が関わる事件は、
必ず即解決するという。
探偵を陥れようと、「下僕」の本島らに仕掛けられた
巧妙な罠。
榎木津は完全粉砕できるのか?

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い