★4つ。

星座による運勢ってつい見ちゃう。
良ければ喜んで悪ければちぇって思って、そしてわりとすぐ忘れてしまう。

星座占いは自分にとってそういうもので、星座による性格診断って、
自分も周囲の人に関してもあんまりピンと来たことが無い。
『12星座の恋物語』を読んだのは
星座による性格占いに興味があったからではなく、
角田光代さんが12星座×男女=24人の性格が異なる人の物語を
描いていることが面白そうだったからです。

予想通り、短い物語の中で
私ならこの状況でこうはしないなあ、とか、
さっきの物語の主人公とはだいぶちがうな、とか、
性格や行動のちがいがくっきり描かれていて面白かった、という感想。
星座とはそんなに関係ないよなー、と思っていたら角田さん自身、
あとがきでそんなことを書いていた。

 …各星座ごとの登場人物が出てきますが、
 …決めつけるつもりはまったくありません。
 私が書きたかったのはむしろ、人の差異でした。
 …自分の思考回路や行動原理がいつも正しいわけではなく、
 まったく異なる人もいる。
 また、頭では正しいことがわかっているのに、 
 いつもいつも正しいことばかりできるはずもない。
 という、そのことを、この短い小説で書けたらいいなあと思っていました。

よくこんなにちがう人たちをこれだけのリアリティを持って
書き分けられるなあ、と思う。
角田さんの小説に感じる圧倒的なリアリティが
24の短編の中にしっかりありました。

そして大切なことは、ちがいながらも、
やっぱり根底では同じ人間であって、同じく愛すべき存在である、ということ。
人のちがいを認め、愛する、人に対する愛情が感じられる小説が私は好きで、
角田光代さんの小説ではそれを感じることができる。
私が好きな小説のポイントは結局のところ、
そこなんじゃないかなあ…と改めて思いました。

そして「ピンと来ない」と言い切ってしまったけれど
鏡リュウジさんの各星座の解説も物語として面白かった。
当たってる当たってないは別にして、
なるほど星の世界ではこの星座は
こういう物語を持ったこういう性質のものと解釈するのか、
と新鮮に面白く読めました。
鏡さんの文章は読みやすく、なるほどなるほど、と納得しつつ
物語として楽しく読めたし。
星座占いに興味がある人、無い人、どちらでも楽しめる本です。




『12星座の恋物語』

人気作家と人気占星術研究家のコラボ。
12星座の女と男それぞれに
星が与えたメッセージを、
ラブストーリー&納得のホロスコープガイドで説く
星座小説集。

参考:「BOOK」データベース